洗面台の排水溝が詰まって一大事

wash_basin
歯磨きや洗顔で毎日使用する洗面台ですが、何かしらの原因で水の流れが悪くなることがあります。洗面台の流しの部分を開けてみると髪の毛やゴミが排水管に流れ出ないようにするキャッチャーが取り付けられているのですが、ゴミや髪の毛を取り除いても流れが改善しない時は排水管の中が詰まっていると考えられます。

洗面台の排水管が詰まってしまう原因はいくつか考えられます。最も多いのが髪の毛の詰まりです。洗面台で顔を洗う、髪を整えているときに髪の毛が洗面台に落ちて排水管に流れます。

髪の毛がつまらないようにキャッチャーが取り付けられているのですが、それでも数本はそれを通り抜けて排水管の中に入ってしまうのです。そしてそれが蓄積されて詰まりが起こります。

もう一つは排水管にピンやつまようじなどのゴミを落としてしまい、それが詰まりの原因となってしまうことです。

洗面台の排水管が詰まってしまったらどう対応すればよいのでしょうか。一つはパイプクリーナーを使用してみることです。パイプクリーナーは詰まりの原因となりやすい髪の毛を溶かして流し出してくれます。

それを試してみて詰まりの様子を観察してみます。たった一度の使用では詰まりが解消されないこともありますが、2回、3回と繰り返すうちに詰まりが解消されることもあります。

またつまようじやピンを落としてしまった場合ですが、それだけが詰まりの原因にはなり得ません。他のゴミや髪の毛と絡んで詰まりを起こしているだけなので、髪の毛やほこりが分解されて流されれば詰まりが解消されるはずです。

パイプクリーナーを使用してもピンやようじは流れませんが、それはそのまま放置しておいても問題はありません。